Vimのプログラミング汎用入力補完辞書

Vimってなんだという人へ

これは、テキストエディタといわれるソフトの一種で、パソコンについてくるメモ帳もそうなんだが、文を打つ。

Wordみたいに文字の色とか、大きさとか指定できないわけだ。

ただ、文字を打つだけ。その分ファイルサイズは小さい。

にもかかわらず、Windowsのメモ帳以外は、あれやこれやと機能をつけてずいぶんアシストするのだ。

プログラミングなどにはこういうのがすごく便利なんだ。

とくにVimは使い方が普通の感覚ではないし、どんなことだってVimからできる。そのひとつ、

専用辞書を元に途中まで単語を打つ、ショートカットキーで完成された単語が出てEnterで文にそれが入る

入力補完という機能があるがまず設定がいる。いやその前にVimの使い方に慣れなきゃ。


エー、特定の言語の補完辞書はあったが、ライブラリ毎の単語を揃えると言うのは、大変な場合がある。

それなら、関数の名前に使われている単語を揃えればいい。

だから、作った。

現在は、自分の打った文字列から補完候補を出すvimスクリプトが流行っているので、検索してみよう。

hotchpotch.dictはしょぼいのでこれからはスクリプトで抽出した辞書をどう ぞ。

writeaccel2は自分のLinuxのいろいろなドキュメントからとったのでライセンスが不明確なので公開しません。

Linuxソースの編集をスピードアップ

linux-2.6.31.5のソースコードから単語を抽出した

codeaccel.tar.gzがでた。

いろいろなソースコードの編集でよく使えると思う。

出現回数の多い単語はほとんど全部網羅されているはず。

それ以外にも、語彙が充実しているし、ライセンスもクリーンだ。
tarballにしたのはこれはソフトじゃないんだが

linuxのライセンスがGPLv2で継承しなければいけないだろうからGPLv2でライセンスすることにしたから

GPLv2の文書も同梱する必要があるので入っているからだ。

他のエディタにも使えるかな?


トップページ - コンピュータの話題

inserted by FC2 system