いじめからじぶんをまもるには

これは、すべての ひとにきくのか?わからない

しかし、なにもしないのはおそろしい(とくにひらがなもよめないこは!!)

これはわたしのけいけんなどからかんがえできたもの

私もこれで自分を直さなければ・・・


つねにかつこころをもつ

いくらわるぐちいわれてもへっちゃらなひとがいるとおもう

それはわるぐちにたいするじぶんのかんがえかたがじぶんにゆうりだからだ

しあわせをさまたげるものをはねとばしすすんでいくのだ

わるいことでなければなにしてもいい

わるぐちが右のみみから左のみみにつつぬけ!をイメージ

わるぐちをほめことばにへんかん

人からすかれるかだけをしあわせのもとにしない(これだいじ)

こころのつよさは あたまや からだとちがい つよいとおもったひとからつよくなる

じぶんをじぶんほどしっている人はいないとおもう

いじめたいさくのほんでべんきょう

そのかんがえかたをさぐろう!

ここにものってるぞ

じぶんのエネルギーをおぎなう

だれもエネルギーをあたえないなら、じぶんでつくるしかない

さいきんかいはつしたことだけど

じぶんで、いいエネルギーをとにかくいっぱいつくって

じぶんに、そのエネルギーをとにかくいっぱいおくる。

このとき、じぶんだけとくしたいきもちはなくして

とにかくすなおなこころですること

いきのしかたをかえる

いきがぜえぜえ、はやくて あさいと いじめられやすくなるというおしえを

ネットのどこかでみたことがある

ふかくて ゆっくりした いきのしかたにかえるだけで

じぶんのふんいきがつよくなって

いじめがおわるのだそうである

潜在意識(せんざい いしき)をしること

潜在意識は、こころのおくにありひとがしらずにやっていることをつかさどっている

それはうごかすのがむずかしい 

だが、しつこくなんどもいわれるとそれをしようとする

そして、あなたのくらしをすこしづつかつとてもつよくかえていく

だから、こころのなかでわるぐちいわれっぱなしではほんとうにわるぐちどうりになる

わるぐちのぎゃくのことばをじぶんにかけたりするといい

じぶんのゆめは潜在意識にてつだってもらおう!

『じぶんはいじめられない』と潜在意識にいうといいか?

こたえはNOだ


潜在意識は『ない』といういいかたがわかんないそうだ

(ダメな自分を救う本 石井裕之著 祥伝社 より)

↑ このほんいいぞ(かんじがよめるひとは)

さあじぶんをよくすることばをかんがえよう

あかるいふんいきをつくる

あかるいひとをいじめようとはできないはず

だまされたとおもってふんいきだけできるだけあかるくしてみよう(゜∀゜)

わたしのばあいかならずはんのうがかわった!

いいかたもいうこともあかるくかえよう

ただしおれのふんいきあかるい、あかるい、と じぶんでいったりいばるとかじまんと かするのはまずい

なるべくふんいき、きぶんだけにするべきだ

パニックになるな

パニックがもとでさらにいじめがひどくなることがある

いじいじするのも じぶんをせめるのも パニックだ

よくいわれるのが、いいかえしのれんしゅうをすることだ

おやとやったほうがとくかな

あいてのじゃくてんをつくいいかえしのことばを、かんがえるんだ

そしていよいよのぞむときにひるまずにゆうきをもっていいかえすんだ

スポーツのとっくんをするといいともいわれている

すぐにはつよくならないが、がんばっているうちにあいてがひるむときがある

はんのうしすぎない

あまりはげしくいやがるともっとわらわれるぞ

まったくいわなくてもいじめられるが

このへんは、くうきをれいせいによんで

これをしるととく

すべて、なにかがあることにはわけがある

ひとはかえるのはむずかしい、でもじぶんはかえられる

つまりあいてからみていじめにくいじぶんにはなれ…なくもない

ひとがかわってほしいところだがしょうがない


もうひとつ、じぶんがひとにしたこともじぶんにかえってくる

わたしこれは、じっかんできないが、

こうこうのせんせいが、いじめのそうだんでわたしにいうんだ こんなかんじだった

『人をじゃましてきた人が就職してからじゃまされるはなしをなんどもきいてきた』

就職(しゅうしょく)は、はじめてしごとにつくこと

就職のときにそうなるとはかぎらないがいつかはかえってくるというのがむかしからいわれる

じぶんをあわれむな! おいつめるな!

じぶんはだめだだめだとばっかりいうのはあぶない!

じぶんをせめるこころがいじめをよぶというひとがいる

潜在意識にはたらいてもっとじぶんをだめにするというのはかくじつ

これはいじめそのものよりじぶんをダメにすることさえあったりする!

わたしはこのパターンですごいことになった

あといじめるやつらにちかづいたっていつもなぐられるってときになぜにげないの!さけないの!

にげたほうがぜったいいい けいけんからいうとそうかんたんにいじめはとまらない

断固(だんこ)たちむかうこと

あきらめない。それは、あきらめたらもっとすごいしごきがくるが、

たちむかったほうがそうでなくなるかもしれない

すごくつらいのはわかる

だからおやとかせんせいとかほぼさんにいったらはやくラクになる! 

なにもうったえないのはよくない

たとえなにがなくなろうと、こころというおしろをくずしてはいけない

いじめかいけつのときはかつことだけがいいのではないので、にげるのもおおあり

じぶんに絶望(ぜつ ぼう)しない

さっきのとかんけいあるんだけど

とうぜんぜつぼうのふんいきもいじめをよぶ!わけあってかんじでかく

本当に自分に完全に絶望した人は、いくらでも悪くなる

ほんとうのぜつぼうのおそろしさを  あなたはしらない

ぜつぼうしようとするかぎり トップページ

inserted by FC2 system