デジタルって何だ

アナログの表すこと それは、勘で大体このぐらいとはいえるがそれ以上具体的に表し辛い

よくアナログであらわすアナログメーターが例として使われる

それは電車の速さ、電気の強さとかいろいろ専用のメーターがあるがどれも測っている値が上がると中の細い棒が右に回る というか 振れるという

一歩踏み込んで目盛のないアナログメーターをだそう 

分かり辛いメーター

これで測ったデータから何か詳しいことを研究するのは大変

何でも当て勘になってしまっては、いみのない発明がいっぱいできる。

アナログはそこから機械で色々作り変えるのも難しい。

しかし、この世界は結局アナログでできていたりするので、バカにするのも、無視するのもできない。

普通のメーター
わかりやすくなった。

すると目盛を数えて数字を出すでしょ それがデジタル化!

ある大きさを「1」にセットし、それよりどれだけ大きいか、数字によってはっきり分かることになる。

英語の"digital"がデジタルの元の言葉。英和辞書には「数字で表す」と書いてある

デジタルな機械は人間がアナログな量を見て数字に直すのを機械自体についているA/Dコンバーターがやってくれるのだ。

(ちなみに、わけ分からないカタカナ用語は英和辞書がわからせてくれることがよくあるとおもう)

なぜコンピュータはデジタルなのか?

パソコンやスマホでは何でもできるようになった。

中はデジタルだらけだ。スピーカーに流す電気の強さを、数字で時間とともにとても細かく示せば、音楽が数字から作れる。パソコン、スマホの音楽はそうやって流れる。

数字で色も表すことができる。赤、緑、青のつよさを数字で表し、3色を混ぜればいろいろな色ができる。細かい色の点(ピクセル)を集めるとデジタル画像になる。

また、暗号のように、数字を言葉にすることもできる。自分のやりたいことをプログラミング言語(いろいろなものがある)に直し、コンパイラやインタプリタで 数字の言葉(機械語)に直すと、パソコンは自分の言うことを聞く。

そういうふうにして、すべてのソフト、テレビゲームはできている。ただ実はコンピューターは何も知らないし、頭が硬いので、苦労してたくさんの正しい言葉を 考え、与える必要がある。かっこいいゲームの値段には訳がある。

自分でもやりたければ、「プログラミング」を検索してみよう。

なんでデジタルを名前につけたがるのか?

それは、最近出てきたすごいものが持っている特徴の一つがデジタルなので、やたらとつけたがるのである。

しかしデジタルは当たり前のテクノロジーになっている。そうしたら、これからは宣伝には使われず、テクノロジーの分野で使う言葉に戻る。

トップページ - 何だシリーズ inserted by FC2 system