Linuxってなんだ?

パソコン、ケータイなどある程度以上能力のあるコンピュータには、OSといって ほぼ最初に起動してキーボードやマウス、ファイルやネットワーク、画面、USBなどの管理をするソフトウェアがある。
いまのパソコンのソフトは、自身は作業を実行して、結果をOSにおくってOSがパソコンの実体と向き合う。
Windows、MacOS、Linux、というのは、それぞれOSのひとつなんだ。
OSによって、昔みたいな達人でなくとも、ある程度簡単にコンピュータを使えるようになる。
OSが違うと、ソフトが結果をOSに送る方法から、コンピュータの使い方まで、違ってくる。

どんな特徴がLinuxにあるの?

簡単に作れるものではけっしてない、進んだOSの一つが、Linuxだ。
NECのケータイからスーパーコンピュータにもはいっていることがある。
ネットにつながるサーバーでは人気のOSの一つだ。
が、なんと無料でネットで配られてる。
設計図の、ソースコードも、無料でネットで配られている。
Linuxにお世話になってる会社の人や、たくさんの個人が、ただ働きでソースコードを書いてできている。これが、独特のLinux文化の元なんだろう。

Linuxはひとつではない

確かに、カーネルと云う核の部分はほぼ同じ。
しかし、まわりにくっつけるソフトの違いで、いろいろなディストリビューションというものがある。
ディストリビューションによって使い方が違ってくる。
初心者を考えていてかなり普及した Ubuntu、
最新機能いっぱい実験用 Fedora、
安定を目指しやや新しくないソフトを入れる Debian GNU/Linux、
古いパソコンでも使える Puppy Linux、
マニア向けでいくらでもカスタマイズできるものとしては、Arch Linux、Slackwareなどがある。
その他色々ある。 イスラム教信者向けなど特定の集団向けのものもある。

Linuxの使い勝手は?

なんかWindowsとちがう、マニアックかも、大丈夫かとおもったかもしれない。
マウスやキーボードの操作は、Windowsと同じような感覚でできる。
インターネットみるのはFirefoxやその派生品がついてる。
さらにフリーソフトが色々ついてくる。
OpenOfficeが入ってるディストリビューションがある(有名どころとか)からただでExcelやWordのファイルを扱える。
新しいパソコンなら、WineをいれればWindowsのソフトが動くかもしれない。(最新の3Dゲームは難しいらしい)
とまあ、パソコンで使うにしても無料にしては良くできてる、と思っている。
マネばかりではなく本来のコンピューターの研究がLinuxによって進んでいる。
かなり扱いやすいがじつはプログラミングなどコンピューターらしい用途にとても向いている。

カスタマイズしやすい

起動手順もある程度変えられるぐらいだ。(それは簡単ではないけど)
Linux上のソフトは、ある程度大きいものは、設定ファイルがあって、メモ帳みたいなので設定を変えると、使うフォントや諸々の設定が変えられる。
でも最近じゃ設定変更のウィンドウが出せる。
Windowsでウィンドウの外枠を変えるのは、専用ツールがあるがライセンス的に悪いと思うが、
Linuxはデスクトップ環境やウィンドウマネージャのテーマ機能などで、好きなのを選べる。Macそっくりに見えたりする。(使い勝手はそっくりにならない)
だから萌えデスクトップまでも存在する。

ソフトのインストール、アップデートが簡単だ。

専用ツールがあってインストールできるソフトの一覧がでる。すごい数がある。(そこになければひと工夫いる)
インストールを決定すると、同じ規模のソフトでもWindowsよりはやくインストールできることもある。
さらにインストールしたソフトのアップデートが来てないかまとめて教えてくれる。
アンインストールも速い。

情報系の学生をハマらせる機能がある

僕の通っていた学校の、先生がいうんだから間違いない。
Linuxは、研究や事業に使われてきたUNIXの操作方法をまねしているので、コンピュータに詳しい人をハマらせるんだ。
あちこち変えられたり、自分のパソコンの詳しい情報をゲットしたり、
プログラミングもその場でできるから奥深い。

LinuxやLinux上のプログラムは大部分がソースコードを入手できる。

Linuxを使うときの構え

マウスを使うソフトは、日本語になっていると思うが、マニュアル、技術資料、一部のソフトは、英語になっている。
本をかったりネットで検索すれば、日本語で分かることもある。あまりにも深い部分の情報は、全部英語だと思う。
僕も拙い英語力だが、英語が分かっていれば、もっとLinuxの奥深いところを楽しめていたと思う。
売っているソフトは、売れないといけないから作る側頑張るし電話サポートもする。しかし、Linux上のソフトはほとんどボランティアベースだ。勝手が違う。
また、ソースコードを公開する指向のライセンスを使っているため秘密の最新技術をいれにくい。
というわけなので、Linuxは、
大体のパソコンで動くけどすべてでうまく動いてくれるとは限らない。
そんなときは、設定を変えてみたりする。
詳しい情報を質問サイトにアップして質問する手もある。
Linuxは何でも教えていう人にはむいてない。
Linuxの初心者向けのサイトにあったように、Windowsは、金だが、Linuxは努力しだいだ。
あとLinuxでゲームっていうのはあるにはあるんだけど、あまり聞かない話だ。そりゃその手のはWindowsには市場があるからね…私は、ExtremeTuxracerというペンギンが滑るのを持っている。

Linuxをインストールせずに使う

LiveCDというのがあってCDのなかにLinuxがあるものだ。
これをパソコンはだいぶ前から使えるようになっている。
初心者はUbuntuのLiveCDがいいらしい。動作確認、動くようにする調整のためにも便利。
DVDも同じ仕組みのものがあるので、これも使える。

LinuxのCDつきの本、雑誌をかうか、ディストリビューションのページにアクセスして拡張子がisoの結構大きいファイルを手に入れる。
それを、CDに焼くんだけど、Windowsのファイルを管理するものからやくと、LiveCDにならない。
付属ソフトの多いパソコンにはisoファイルを扱えるCDを焼くソフトが入っているかもしれない。Nero,RecordNowなど。こういうものをつかうか、
フリーソフトでCDを焼くソフトを探してそれでCD-Rを焼いて、(CD-RWだと起動などが遅くなる)
そのCD-Rをパソコンにいれて再起動すると、CDのなかのLinuxが、動き出す。もしそうならなかったなら、BIOSの画面でデバイスの起動順序を変える。
で、うまく動かないことも、ありえるので、ネットで検索するといろいろ対策が出てくるはず。
で、うまくいったら、LiveCDからLinuxをパソコンに入れられることがある。OSやLinuxのインストールの知識がいくらかいる。まちがうとWindowsが消えちゃうので、何かやり方を見よう。

日常でLinuxをつかう

日常でLinuxをつかうとなると、Linuxのインストールをするんだけど、 LiveCDから入れられなかったらインストールCDを焼いて使う。焼き方は上に書いたLiveCDとおなじ。いきなり、インストール画面が来たりする。OSやLinuxのインストールの知識がいくらかいる。
Linuxで3Dをつかいたいなら、nVIDIAとその純正ドライバがいい。CUDAもつかえる。
ATIの純正ドライバは、安定しているとはいえなかったりする。でボランティアが作ったドライバは、(nVIDIAも)おそい。
Intelの内蔵グラフィックもうまく使える。
その他なんだけどSiSのグラフィックは鬼門らしい。
プリンタ、複合機はHPのがいい。色々Linuxでは便利。
他の会社だとフル機能が使えなかったりする。

トップページ - 何だシリーズ

inserted by FC2 system